ブログトップ

徒然日記

木村信司と不滅の棘

昨夜、スカイステージで「演出家と語る」という番組が放送されていました。
出演者は演出家の木村信司さんと春野寿美礼、瀬奈じゅんの花・月のトップスターの両名!
(最近は主演男役って言うらしいけれど、私はやっぱりトップスターと呼びたい!)
昔、オサアサのお悩み相談っていうコーナーが歌劇だかグラフだかにあったらしいけれど、(私は宝塚熱が冷めてた頃らしくてよく知らない)そのコーナーが大好きだった木村先生のリクエストで実現したらしい。
いや、春野さんて、ほかの番組見てるとほわ~んとしてて、トークも下手じゃないけどどちらかというと話がとっちらかちゃって散漫になるほうなのに、あさこちゃんとは相性いいんでしょうかねぇ…。結構テンポよく話がすすんでる。あさこちゃんの突込みがいいのかなあ。
それに木村先生。面白い!演出家ってこんな人ばっかり?そういえば正塚先生もいつだったか番組で面白い話をしてたし、今回バウホールの「ノンノンシュガー」を演出している藤井先生も、なんか風情が面白かった。(いや決め付けちゃいけませんが)
それに下級生としゃべるのとは違って、おささんもあさこちゃんもなんかリラックスしてて、いい感じです。この番組シリーズ化してもらえないかしら・・・。
「オサアサの演出家と語る!」なんて感じで・・・。このコンビもたぶんそう長くはみられないでしょうからねぇ。

でそのあと引き続いて放送された木村信司演出の「不滅の棘」を見ました。
2003年の作品らしいですが、私は初見です。(この頃はあまり観にいってませんでした)
いやあなかなか面白い作品です。不老不死の薬を飲まされた主人公が自分の運命をのろいながら生きつづける話ですが(簡潔にまとめすぎです)
宝塚じゃないみたいで、でも宝塚!というところもあって、春野さんのスターっぷりがいい!そして自分の運命をのろいながら生きつづける苦悩の表情も。私は最近のおささんしか知らないので、ちょっと若くて上がり眉メイクのオサさんは新鮮です。

デビットボウイのビデオかなんかで観てよかったので取り入れたって木村先生が言ってた口紅をぐいっと手の甲でぬぐって頬につけるところなんか色っぽ~い!(幕間のメイク直しが大変だろうな~とは思いましたが)
全編を通じて衣装は「白」。ピンマイクも限りなく「白」。セットも小道具もほとんど「白」。唯一不老不死の薬の調合を書いた封筒だけが「赤」。
このあたりに演出の木村先生のこだわりを感じます。
衣装も白だと化粧とか汚れとかつくと目立つので、衣装部さんは大変だろうな~とか、毎日洗濯するのかな~とか、余計なことが気になりましたが、でもこの作品はいい!私は好きです。

木村先生のオサさんへの愛が感じられた作品でした。
[PR]
by hotei-fan-top | 2007-02-25 14:04 | 宝塚