ブログトップ

徒然日記

今日は宝塚!

ここのところ、「趣味のお仕事」&農作業が忙しく、それに加えて更年期のせいか色々と体が不調でして。
ま、50年以上も使えば機械だってあちこち不具合が出ますから(苦笑)、仕方ないか~とだましだまし日々暮らしております。

そんなわけで、東京で観た『エリザベート』の感想も書けずじまいで~。
UPしたいネタはあるものの、もっぱらよそさまのブログを拝見してるばかりです。

ですが、今日はお気に入りの星組さんを観に行ってきましたので、さすがにちょっとだけ書き込んでおこうと、久しぶりにMyブログを開きました。

と言っても詳しい感想は書けそうにありませんから、ちょっとだけ雑感など…。

たいしてネタバレもないと思いますが、公演中の作品ですので、一応蓋をしますね。



『ダンサセレナータ』

正塚先生作品のテーマになってるかのような『革命』『秘密警察』『反政府運動』。
他ブログでも、どこかで見たような作品なんて書かれていましたし、どこか暗~いイメージもあり、ここのところの寝不足もあって途中で寝ちゃうんじゃないかと心配しましたが…大丈夫でした!(笑)
ストーリーは確かにどこかで見たような感じなのですが、ちえちゃん扮するイサアクがクラブのトップダンサーという設定でもあり、クラブのショーシーンが3回ほど、しかもすべて衣装も振付も違い、この場面だけでも観る価値あり。
真ん中で踊るイサアクは、確かにカッコいいですわ~。こんなクラブがあったら、毎日でも通いたい。
『NOW ON』だったか、『REON』と同じくらい踊ってると言われてましたが、確かにその通り。
お芝居にしてはダンスのシーンが半端なく多いです。

今公演から星組メンバーとなった十輝いりすさんは、反政府運動のリーダーアンジェロ役。
ねねちゃん扮するモニカの兄と言うのはまず見た目で納得。
どちらもひときわ長身ですからね。植民地の出身と言う設定のためか、二人だけは黒塗りです。
ダンスシーンでは、長い足が黒塗りのせいかひときわ長く美しく見えました。

秘密警察のホアキンは紅ゆずるくん。
数年前の『ブエノスアイレスの風』の頃を思うと、立ち姿も歌もお芝居もずいぶんと立派になりましたねぇ~。
ちえちゃんとの立ち回りは、案の定というか見た目で勝てそうじゃなかったですが…(笑)
男役の定番、コートに帽子という立ち姿はなかなか決まっていました。
立場上『それが仕事』と割り切って、役目をこなしながらもイサアクの生き方に惹かれるものを感じて…というなかなか難しい役どころです。
真風くんはイサアクと同じクラブのダンサールイス役。
貴族の令嬢との恋に悩む役ですが、ちょっとヘタレで笑いをとる場面も。

今回の公演で退団の涼紫央さんは、イサアクの働くクラブのバーテンダー、ジョゼ役。
と言っても、一回もバーテンダーらしい作業はしてなかったようですが…(汗)
でも、クラブで働く人々全体を暖かく見守り、纏めてゆくという役どころは、きっと普段のとよこさんにもつながるところがあり、彼女の人柄か感じられる役でした。
同じく今回で退団の白華れみちゃん。
イサアクの相手役としてショーの真ん中を張りながらも、イサアクとは元彼の関係でちょっと対立気味。
なかなか素直になれず、ジョゼのやさしい声かけにも反発するが、やがて…。
主役のねねちゃんと向こうを張って対峙できるのはれみちゃんならでは。娘役として本当に貴重な存在です。

お二人とも、星組にとっては大切な人材。退団は本当に残念!

最後のシーン、イサアクとモニカのダンスシーンは素敵です。

『セレブリティ』

他ブログでも話題の、開演前のお楽しみ。
ちえちゃんがちょっとづつ前を向いてきます。
最後は… ↓
e0115712_0554080.jpg


どの場面がどうとはいえないのですが、全編通じて星組のエネルギーが感じられるショーでした。
こちらも、芝居に引き続き、ちえちゃんが踊る踊る!
もちろんちえちゃんだけでなく、他メンバーも踊る!
とよこさんの出る場面のクラシックさと、ちえちゃんが出る場面の現代的な感じ。
どちらも楽しめます。
ねねちゃんの着てる衣装がどれも可愛い!
トップモデル役の場面の上下繋がったパンツスタイル、私はダイヤモンド~と歌う場面の黒いスパンの衣裳。そして最後のデュエットダンスのスパニッシュの衣裳(重そう~!)
もちろん、彼女のスタイルが素晴らしいせいもありますが、着こなしのセンスがほんとにいいな~と。
ダンスが少々苦手な紅くんも踊ってます!
リフトもあったリして・・・(ちょっとひや汗出ました 苦笑)頑張れ、紅ゆずる!
でも、歌はずいぶんと安定して安心して聞いていられましたよ。

白い衣装で、全員で踊り、ゴスペル風に歌う場面。
星組の絆が感じられて良かったな~。
フィナーレのダンスでは、退団者が踊る場面もあり、演出の稲葉先生の暖かさが感じられます。

ラインダンスの冒頭、ロケットボーイの紅くんが『ラインダンス?ってことはもう終わり~?』というような意味の言葉を言われますが、本当にあっという間の55分でした。

芝居、ショーとも、礼音くんは肉食系男子!という感じです。
星組は一本立てが多かったりで、今回がちえちゃんトップになって2本目のショーだとか。
がつがつと嬉しそうに踊るちえちゃんを観てると、なんか元気が出ました。
そして、このメンバーで観られる作品は今回で終わりなんだなあという寂しさも少し。
出来ることなら、もう1回観たい作品ですが今回はちょっと無理そう。
でも、元気をもらったので、明日から又頑張ることにします。
[PR]
by hotei-fan-top | 2012-06-03 01:25 | 宝塚