ブログトップ

徒然日記

農作業をしながら宝塚を考える!?

我が家は兼業農家です。
宝塚好きと農家ってあんまりリンクしないと思うんですが・・・。
宝塚の舞台にも、農家ってあんまり(というかほとんど)でてきませんよね。
まぁ、どんなにしたってかっこよくきめられないし、美しさ第一の宝塚とは相反するのかもね…。

でも、私は農作業嫌いじゃありません。野菜もお米も手をかければちゃんと結果が出るし、草取りも取った所は確実にきれいになるので、結構うれしい。ほかの仕事で煮詰まった時には、外に出て無心で草取りをするのは気分転換になっていいし…。

それに較べれば、舞台のお仕事って大変ですよね。
先日スカイステージで、宝塚音楽学校の入学式の様子が放送されてましたが、新入生への言葉の中に、「プロとして舞台を目指す以上、ここではどんなに努力をしても結果がでなければ容赦なく叱責を受けます。」という意味のことを言われていました。
まあ、社会人になれば当然のことかもしれませんが、努力を重ねても結果が出ないときというのは本当に苦しいものです。
それに較べれば、手をかけてやればちゃんと答えてくれる植物はなんて優しいんだろう…。
(そこへ話の落ちを持っていくか! 笑)
というわけで、(どんなわけだ!)今日は農作業覚書と、家の周りの植物について。

3月に植えたじゃが芋もこんなに大きくなりました! ↓
e0115712_19415628.jpg


これからは夏野菜の植え付けがメインです。
トマトの苗も植えました ↓
e0115712_19423677.jpg


トマトはあまり水をやりすぎるとよくありません。病気が発生して枯れてしまうこともあります。屋根を作って雨にあたるのを避けるという手もありますが、結構面倒なので我が家はパス。根本をビニールで覆ってあまり水びたしにならないようにしました。

きゅうりも植えました。これからはなすや、ピーマンも植えます。
苗は、自分で育てるという手もありますが、これが結構むずかしい。まだ寒い時期から、ビニールで覆いをするか、温室のようなところで手をかけて育てないと、なかなか立派な苗にはなりません。
なので、主に土日しか農作業の出来ない私は、苗は基本的にもらう、または買うということにしています。幸い実家の父が、退職後に趣味の園芸ということで、野菜作りにせいを出していますので、ほとんどの苗はそちらからやってきます(笑)。
なので私は、もらった苗を植えて、枯らさないように水をやり、時々肥料をやり、草取りをし、大きくすることだけに重点を置いて野菜作りをしています。
偉そうに言ってますが、私も本格的に野菜作りを始めたのはここ2~3年というところですから、わからないことは本を読んだり、人に聞いたりして試行錯誤の毎日です。

でもやってみると結構面白いんですよ~。
なんといっても、新鮮でなるべく農薬を使わない野菜が毎日食べられますから。

家の周りもそろそろつつじが満開の時期です。 ↓
e0115712_19553095.jpg
e0115712_1957673.jpg


そのほかにも、てっせんとか ↓                紫蘭も ↓
e0115712_1959479.jpg
e0115712_2001383.jpg



実のなるものもあります。
梅も先日の強風でかなり落ちてしまいましたが、まだいくつか残っています。
e0115712_2031280.jpg


4年ほど前に近所でもらってきて植えたさくらんぼの木が今年は実をいっぱいつけました。

e0115712_2055158.jpg


たいていはヒヨドリの餌になってしまうのですが、今年こそは鳥よりも先に食べようと(笑)少し赤くなりかけた実を、脚立を持ち出して採りました。
e0115712_206274.jpg


市販のさくらんぼに較べれば大きさも半分以下ですが、甘酸っぱくっておいしかったですよ。

というわけで、土日は畑仕事や、稲の籾撒き、そして家の周りめぐりに明け暮れたのでした。

東京では、花組千秋楽ですし、宝塚もエリザベートでにぎわっているでしょうにね。
ゆる~い宝塚ファンの日常はこうして暮れていくのでした(笑)

「エリザベート」観にいきたいよ~!
[PR]
by hotei-fan-top | 2007-05-13 20:43 | 農作業