ブログトップ

徒然日記

マイ フェア レディ

世の中の「宝塚ファンブログ」は寿美礼ちゃん退団!記事一色です。
ここで真央さんの舞台の感想を書くなんて、ちょっと気が引けるんですが…。
でもせっかく観たので、忘れないうちに覚書程度に感想を書こうと思います。

実は、今回のチケットはネットでゲットしたんですが、発売後3日くらいたっていたにもかかわらず、1枚だけなので3列めという席がゲットできまして、ちょっと楽しみにしていました。
そして、今日会場に行ってみたら、な・なんと!生オケです!地方公演のミュージカルってたいていは、録音ですからね。総勢17名のオケの皆さん、きてくれてありがとう!
私、この地方会場にオケボックスが設置されたのをはじめて見ました。ほんとに狭いオケボックスで申し訳ないくらい。しかも!オケボックスは通常の座席2列分をつぶして設置してあるので、3列目は最前列!ということに…!(驚)
オケボックスはほんとに間近で、しかも座席よりも下に設置されているため、覗き込んでるような状態。前に障害物はないし、出演者の表情も手に取るようにわかる。もうなんかそれだけでうれしくなってしまいました。

出演者も豪華です。私的には大地真央さんの「イライザ」しか頭になかったので、会場でプログラムを買ってみてびっくり!ヒギンズ教授は石井一孝さんだし、イライザのお父さんは上條恒彦さんだし、イライザに恋する坊ちゃん役で浦井健治君も出てるし、ほかにも藤木孝さんとか、羽場裕一さんとか花山佳子さんとかもうそうそうたるメンバーです。

真央さんはほんとに細くて、顔が小ちゃくてもう○○歳だなんてとても信じられないくらい美しい!劇中、家出したイライザを探すために、ピッカリング大佐が警察に電話をかけるシーンがありますが、「年齢は21歳で…」という台詞があります。まったく違和感無し…。
浦井健治君て確か「エリザ」のルドルフ役をされてた方ですよね?この方歌うまいです!聞いてて、うっとりしてしまいました。
石井さんのヒギンズ教授は、いかにも言語学ばかりやってて、女性の気持ちに疎いという感じで、はまってます。(そういえばこの石井さんと浦井君は11月に「蜘蛛女のキス」でコムちゃんと共演するんですね)

それとこの舞台、結構ほんとに食べたり飲んだりしてます。イライザのお父さんが
ビールらしき液体を飲み干す、イライザがりんごをかじりながら登場する、
チョコレートをヒギンズ教授とイライザが半分づつ食べる。そのほかにもワインが出てくるし…。舞台って、格好だけで飲まない、食べないのが普通って思ってたのでちょっとびっくり!
食べ物じゃないですが、マッチで火をつけたり、ヒギンズ教授がホントの葉巻を吸いながら演技されたりして、(舞台上で火を使うと、消防署への届出とか大変なんですよね)
リアルな舞台でした。

主な出演者の他にアンサンブルの方も約30名くらい登場されますが、地方の舞台なので、狭くてちょっと申し訳なかったなと思いました。

地方で、しかも生オケでこのメンバーが出演する舞台が観られるなんてホント、
主催者そして出演者及びスタッフの皆さんに感謝です!
[PR]
by hotei-fan-top | 2007-06-07 23:12 | 宝塚